歯が欠けた、詰め物・被せ物が取れた

歯の欠損や詰め物・被せ物の治療について

歯の欠損や詰め物・被せ物の治療について

「歯が欠ける」「詰め物や被せ物が取れる」といった歯のトラブルをそのままにしていませんか?

痛みがないから、見た目にはわからないから、と放っておかずに早めに歯科医師の診察を受けることをおすすめします。

歯が欠けた場合

原因としては、「虫歯」「歯のエナメル質の衰え」「外部からの刺激(ぶつかったなど)」「咬み合わせの乱れによる歯への負担」などがあげられます。
痛みがなくても放っておくと、あとあと痛みがでたり、虫歯になったりする場合もありますので、早めにご相談ください。

詰め物・被せ物が取れた場合

原因として、「虫歯」「歯の変形」「咬み合わせの乱れ」などがあげられます。
どの原因でも放っておくと、痛みなどの症状が出てくる場合があるので、早めにご相談ください。
特に、虫歯の場合は詰め物や被せ物の隙間から虫歯菌が入り込み、詰め物・被せ物が取れたころにはかなり進行してしまっていることもありますので、早めに受診しましょう。

見た目・咬み合わせをよくする補綴治療

見た目・咬み合わせをよくする補綴治療

「歯が欠けた」「詰め物・被せ物が取れた」ときには、見た目や咬み合わせをよくするための補綴治療を行います。

みねのデンタルクリニックでは、お口の状態や患者さまのご希望に合わせて、様々な治療法の中から最適なご提案をしています。

詰め物について

詰め物について

歯の一部分が欠けてしまったときや、詰め物が取れてしまったときなどには、新たに詰め物で補います。

詰め物は、レジン(歯科用プラスチック)や銀色の金属などで作られた保険診療の素材と、銀以外の金属やセラミックなどで作られた自費診療の素材があります。

詰め物(保険・自費)の違い
保険診療 自費診療
コンポジットレジン、銀色の金属 セラミック、ハイブリッド、ゴールド など

被せ物について

被せ物について

歯の大部分が欠けてしまったときや、被せ物が取れてしまったときなどには、被せ物で補います。

詰め物と同様、レジン(歯科用プラスチック)や銀色の金属などで作られた保険診療の素材と、銀以外の金属やセラミックで作られた自費診療の素材があります。

被せ物(保険・自費)の違い
保険診療 自費診療
銀色の金属冠、硬質レジン前装冠、硬質レジンジャケット冠 オールセラミック冠、メタルセラミック冠、ハイブリッドセラミック冠、ジルコニア冠、ゴールド冠 など
前歯の治療について
保険診療 自費診療
よく使われるのが「硬質レジン前装冠」。
外から見える部分はレジン、中身はパラジウム合金などの金属で作られています。
天然歯の色と似ており、見た目がよく安価ですが、時間が経つと変色することがあります。
よく使われるのが「ラミネートベニア」
歯の表面を薄く削りセラミックの板を貼りつける方法で、歯並びが気になるときや、歯を白くしたいときに使われます。
短期間で治療できますが、治療費が高く健康な歯を削る必要があります。

ラミネートべニア費用 ¥55,000(税別)