歯が痛い・しみる

虫歯と知覚過敏について

虫歯と知覚過敏について

「痛い」「しみる」といった症状の原因として考えられるのは、知覚過敏と虫歯。
放っておくと、症状が悪化してしまうことも……。

違和感を覚えたらすぐに歯科医師の診察を受けることをおすすめします。

虫歯の場合

虫歯の場合

虫歯とは、口腔内に溜まったプラーク(歯垢)に潜む虫歯菌が糖を利用して酸を出し、歯を溶かす病気。
はじめは冷たい物や甘い物を口にしたときに一瞬しみる程度ですが、進行すると長い間しみたりずきずきと痛むようになったりします。
そのまま放っておくと、神経を取り除く難しい治療や抜歯をしなければならなくなってしまうことも。
難しい治療や抜歯が必要になる前に、早めに受診しましょう。

また、日ごろから予防をしっかり行って歯を健康な状態に保ち続けることが重要です。
みねのデンタルクリニックでは、虫歯の早期発見・治療のために予防歯科をおすすめしています。
定期検診で口腔内の状態を把握するとともに、ご自身に合った予防処置で健康な歯を保ち続けられるようにしましょう。

虫歯の進行段階
進行 治療法
C0
C0
初期の虫歯
痛みはありません。
歯の表面が白く濁ります。
歯を削る必要はなく、正しいブラッシングやフッ素塗布で治癒します。
C1
C1
エナメル質の虫歯
痛みはほとんどありません。
ほとんど痛みのない治療が可能です。
患部を削り、詰め物で補います。
C2
C2
象牙質(神経に近い部分)の虫歯
甘い物や冷たい物がしみることがあります。
患部を削り、症状によって詰め物をしたり、被せ物をしたりします。
C3
C3
神経(歯髄)まで進んだ虫歯
歯に大きな穴が空いたり割れ目ができたりします。
何もしなくても激しく痛む、膿が出る、などの症状があります。
虫歯菌に冒された神経を取り除き、残った歯根に被せ物をします。
状態が悪い場合は歯を抜くことがあります。
C4
C4
骨まで進んだ虫歯
末期の状態。
歯の大部分が失われて、歯根だけが残った状態です。
膿が出る、口臭がひどくなる、などの症状があります。
麻酔をして、ただちに歯を抜くことになります。
また、患部を切開し膿を取り除きます。
入れ歯やブリッジなどの治療が必要です。

知覚過敏の場合

知覚過敏の場合

虫歯が見当たらないのに冷たい物がしみたり、歯ブラシが当たるとピリッと痛かったりするのが、知覚過敏の症状。
はじめは歯みがき時や冷たい物を飲食したときに限られていても、放置していると症状が強まっていく場合があるので要注意です。

歯の表面が剥がれていたり欠けていたりすることが多く、患部をきれいにクリーニングしてコーティングする必要がありますので、症状が悪化する前に一度ご来院ください。