自分に合う入れ歯が欲しい

自分に合う入れ歯で快適な毎日を

自分に合う入れ歯で快適な毎日を

一口に入れ歯と言っても、歯を失った本数や求める機能・審美性などに応じて様々な種類があります。

みねのデンタルクリニックでは、患者さまのご希望やお口の状態に合わせて最適なご提案をしています。

現在使用している入れ歯が合わない、咬みにくいといったお悩みにも対応しますので、お気軽にご相談ください。

保険診療と自費診療について

保険の入れ歯はすべてがレジン(歯科用プラスチック)で作られています。
一方、自費で作られる入れ歯の代表的なものは「金属床」と言い、骨組みが金属でできています。

レジン床義歯
(保険診療)
多少厚みがあるので、装着時に少し違和感を覚えることがあります。
保険適用なので安価に作製でき、ほとんどの症例で使用できますが、乾燥に弱く劣化しやすい、変形しやすいというデメリットがあります。
落とすと割れてしまうことがありますが、簡単に修復可能です。
金属床義歯
(自費診療)
上顎の内側(床)に当たる部分が金属でできた入れ歯です。
使用する金属には、ゴールドチタン、コバルトなどの種類があります。
薄く作れるので、装着時の違和感が少なく、食べ物の温度を感じやすいというメリットがあります。
また、強度が高く、落としても割れることがありません。

費用が違えば精度も違ってきます

自費診療の入れ歯は保険診療の3~5倍の製作時間がかかります。
そのため、自費診療の入れ歯では高い精度が得られます。
また、素材や使用する器具にも精度の高いものを使用しており、保険適用の入れ歯よりずっとお口にフィットした装着感を得られるのです。

比べてわかる、機能の違い
保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
装着時の感覚 違和感を覚える場合がある 違和感があまりない
強度 少し劣る 優れている
咬みごこち 食事によっては食べにくい物がある よく咬める
比べてわかる、構造の違い
保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
人工歯 種類が限られている。 豊富な種類の中から選べる。
天然歯に近い色・形を再現できる
義歯床 種類が限られており、選べない。
樹脂製のため、少し厚めで熱が伝わりにくく、食べ物の温度を感じにくい
豊富な種類の中から選べる。
金属を使う物は薄くでき、装着感がよい。
また、食べ物の温度も伝わりやすい
維持装置 簡単な装置のみに限られる。
笑ったときなどに見えることがあり、口の中に多少の違和感を覚える
外から留め金(バネ)が見えないものも選べ、入れ歯を入れていることが気付かれにくい

みねのデンタルクリニックの自費診療の入れ歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

義歯を固定するバネを使わない入れ歯です。

バネによる違和感がないのはもちろん、見た目が自然で、金属アレルギーの心配もありません。
素材は薄くて軽く、健康な歯に負担がかからないのも大きな特徴です。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

磁石を使用して固定する入れ歯です。

失った歯の歯根に磁石を取りつけて、磁力でぴったりと入れ歯を合わせます。
バネがないので目立ちにくく、着脱が簡単でお手入れが楽なのが特徴です。

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

茶筒とそのフタのように残っている歯に冠(内冠)を装着し、その上から精密に咬み合う外冠をセットするタイプの入れ歯です。

安定感が優れておりガタつきが少ないのが特徴です。
金属のバネがないため見た目が自然で、フィット感に優れているためよく咬めます。

金属床デンチャー

金属床デンチャー

上顎の内側(床)に当たる部分が金属でできた入れ歯です。

使用する金属にはゴールド、チタン、コバルトクロムなどの種類がありますが、どれを地金としてもプラスチックより薄く作製できます。
そのため違和感が少なく、食べ物の熱を感じやすくなります。